乾燥肌をつるつるたまご肌にする方法

乾燥肌を知ろう

乾燥肌,たまご肌,スキンケア

健康的な肌質は、水分と油分のバランスが取れているのが1つの条件です。
しかし乾燥肌は、皮脂量も水分量も少ない肌質なのです。

 

洗顔後放置するとつっぱる・・・
特に冬は粉をふいて恥ずかしい・・・

 

乾燥肌の方なら経験があるはずです。

 

もうこんな経験をしないように、乾燥肌用のスキンケア方法をしり、みずみずしいつるつるたまご肌を目指しましょう!

乾燥肌とは

保湿力、皮脂量がともに低い為、刺激を受けやすい

季節変化の対応力が低いので、夏は調子が良いのに、冬になると白くなるほど乾燥してしまう事がある。元々、皮脂量、保湿力が低いので、肌を守る機能が低く、軽く掻くだけで炎症をおこしたり、皮脂量が少ないので小ジワになりやすい肌質です。

 

なぜ肌は乾燥するのか!?

日本人は表皮が薄いので乾燥肌になりやすい。
気温や湿度といった外的環境や、加齢とともに細胞間脂質(セラミドなどの角質細胞の隙間をつなぐもの)、天然保湿因子(水分を抱え込むもの)、皮脂の量が減ってしまうと、肌は正常に機能しなくなります。

 

それが原因で、水分を抱え込む力も、バリア機能も低下して水分がどんどん流出してしまい、乾燥につながっていきます。

 

乾燥させる原因として

主な乾燥の原因はこれらです。

  • 屋内外の乾燥
  • 洗いすぎ
  • 加齢
  • 保湿ケアをしない
  • 栄養不足
  • 日焼け
  • 刺激の強いクレンジング剤 等。

乾燥肌のつるつるたまご肌スキンケア

乾燥肌,たまご肌,スキンケア

洗顔は落し過ぎ注意!水分と油分を補給しましょう。

洗顔しすぎてしまうと、足りていない皮脂だけではなく、水分も流出してしまいます。

 

しっかり泡立てて、泡の力だけで洗顔するくらいでOKです。

 

刺激の強いクレンジングや洗顔は使用しないようにしましょう。

 

洗顔後は、皮脂量も水分量も少ないので、化粧水だけでなく、セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分を配合した美容液で、肌の保湿力と潤いを高めましょう!

 

さらに、乳液やクリームの油分で、お肌のガードも忘れずに強化することが非常に大切です。

 

※これを怠ると、乾燥肌から敏感肌に悪化することもあります。

 

※正しい乾燥肌スキンケアで、つるつるなたまご肌を手に入れましょう!


乾燥肌のスキンケア人気アイテム

乾燥肌,たまご肌,スキンケア

乾燥肌には【ビーグレン】

乾燥肌を本気でつるつるたまご肌に改善したいなら
【ビーグレン】浸透保湿ケアセット
角層の奥までしっかりと浸透して効かせる事を追及しているビーグレンだから、安心して乾燥肌を改善できるのです。

 

ただ塗ったり、盛ったりするだけのスキンケアを、ビーグレンが変えてくれます。

 

皮脂を取り過ぎずにしっとり洗い上げるクレイウォッシュ洗顔に、水分補給の為のビーグレン化粧水QuSomeローションと美容液のCセラム、バイリア機能強化クリームのQuSomeモイスチャークリーム!で、つるつるたまご肌を取り戻しましょう。

 

乾燥・保湿ケア

 

 

乾燥肌,たまご肌,スキンケア

クレンジングの悩み解決!【ビオルガ】

乾燥肌に人気!女優雛形あきこさんも使うクレンジング
【ビオルガクレンジング】

  • クレンジングすると毎回顔がつっぱる
  • 乾燥が酷くて肌荒れがおさまらない
  • 毛穴の黒ずみ、シミ、くすみが目立つ

 

乾燥肌の方にはもちろん、毛穴やシミが気になる方向けのクレンジングです。

 

ビオルガクレンジングはただ落とすだけではないんです。

 

力強い生命力をもつ自然和漢植物の厳選された8種和漢エキス配合で内側からじわじわと温め毛穴汚れを無理なく落とし、 素肌力を引き上げてくれます。

 

さらに17種の美容エキスがしっかり保湿してくれます。

 

ビオルガには美容液にもひけをとらない美しさの成分をたっぷり配合。
ビオルガクレンジング


乾燥肌スキンケアまとめ

  • 水分量も皮脂量も足りていない。
  • 冬は粉をふくこともある。
  • 気温・湿度・加齢で肌がうまく機能せず、水分を流出してしまう。
  • 洗顔は洗いすぎない。
  • 洗顔後に化粧水と美容液でしっかり保湿!
  • 乳液・クリームで、しっかりお肌をガード!
  • 【ビーグレン】浸透保湿ケアセットを使う。