正しい洗顔

たまご肌,つるつる,30代

洗顔は、メイクにもスキンケアにも大切な基礎です。

朝、晩ともに洗顔料を使い洗顔をして清潔なお肌に戻しましょう。

 

日中でた皮脂汚れや汗、角質や、寝ている間の汗やほこりを洗い流さず、メイクやスキンケアをしても良くなることはありません。

 

何をするにも先ずは洗顔をしっかりとしましょう!
おすすめ石鹸 ⇒ KOSE肌潤石鹸


正しい洗顔料の選び方

  • 肌質と洗い上がりの状態を見て選びましょう!

石鹸(弱)

普通肌・脂性肌・乾燥肌・混合肌・乾燥脂性肌

フォーム(弱)

普通肌・脂性肌・乾燥肌・混合肌・乾燥脂性肌

リキッド(中)

普通肌・脂性肌・(乾燥肌・混合肌・乾燥脂性肌)

ムース(強)

普通肌

粉末(強)

普通肌・脂性肌

 

毎日の朝と晩に使う、利用率の高いものなのでしっかりと選びたいですよね。

 

判断基準としては、洗顔後『つっぱらない』事です。

 

混合肌の方は皮脂が多いか、乾燥が目立つかで洗顔料を変えてみましょう!

 

洗顔料の販売中止などがあり、色々替えるんですが大丈夫?

洗顔料はメーカー側が推奨している肌質がありますので、それを目安に替えるのは問題ありません。そして、季節により肌質の変化があるので、洗顔料も変える必要性があります。綺麗な肌を保つ手段です。

正しい洗顔方法

たまご肌,つるつる,30代

正しい洗顔4つのポイントをおさえて、つるつるたまご肌に向けて役立てよう!

  • 顔に付ける水は『ぬるま湯』
  • 皮脂の多い所から洗顔料を付ける
  • 手で洗わず、泡で洗う
  • すすぎも、タオルのふき取りも優しく
  • 泡立てネットは初心者の必須品
洗顔はぬるま湯をつかいましょう!

洗顔料を付ける前にサッとすすぐ水と、洗顔料をすすぐお水は『ぬるま湯』ですすぎましょう!

 

初めに冷たすぎる水だと毛穴を引き締めてしまいます。
だからと言ってお湯になると余計に油分を落としてしまいます。

 

ぬるま湯は30〜34℃位です。

皮脂量の多い部分から!

洗顔フォームを付ける時に、「いつもの所」からではなく、自分の顔の「皮脂量の多い所」から洗顔フォームを付けましょう。

 

乾燥肌や、敏感肌の方は特に注意が必要です。

 

乾燥部分からつけてしまうと、取り除きすぎてしまうことにつながります。

 

洗顔は皮脂量の分泌が多い所からがポイントです!

たっぷりの泡で洗いましょう!

泡立てず、顔を擦るようにゴシゴシと洗う洗顔はやめましょう。

 

洗顔のポイントは『泡で洗う』です。皮膚に手が触れることはありません。

 

その為洗顔料で、きめ細やかでふっくらした、弾力のある泡を作って内から外に弧を描きながら、汚れを泡に吸着させましょう。

すすぎもふき取りも優しく!

ゴシゴシすすぎ、ゴシゴシこすり拭きもNGです!すすぎも泡の動かし方と同じです。

 

内から外にぬるま湯で洗い流します。生え際やフェイスラインもしっかりと流しましょう。

 

そして、洗顔後の肌は無防備状態になりますから、タオルで優しく抑えるように拭き取ってください。

泡立てはネットを使うとラクラク!

どんな人でもフワフワの泡が簡単に作れるのが、泡立てネットです。

 

泡作りが苦手な方は泡立てネットを使いましょう。作り方のポイントは水の足し方です。

 

ネットを濡らし、洗顔料を2cmほど出し丸めるように泡立てます。

 

泡立ってきてから少しだけ水を足して更に泡立てしていくと、初めてでも気持ちの良い泡が出来上がります。


今!人気の洗顔料はこれ♪

たまご肌,つるつる,30代

KOSE 肌潤石鹸

『たまご肌=すっぴん美人』すっぴん美人の秘訣は洗顔にあります!

 

手でゴシゴシ擦らずに、泡で洗うにはもってこいの石鹸です。

 

瞬時にホイップクリームの様なきめ細かい豊富な泡が出来上がり、クリーミーできめ細やかな泡だから≪毛穴≫の汚れ、≪古い角質≫をしっかりと取り除きます。

 

お肌を優しくしっかりと綺麗にしてくれますよ♪

 

さらに【ライスパワーNo.11】などの美容成分をふんだんに配合!

*「ライスパワーNo.11」とは、お米から抽出したエキスを発酵・熟成し抽出された成分で、肌の水分保持能の改善が唯一認められた希少な成分のことです。

肌表面の汚れをすっきりと取り除く事で、ふんだんに配合された美容成分が柔軟にしてくれます!だから、肌機能活性化につながり、次に使う化粧水の浸透力が違います。

 

泡の気持ち良さは際立ってます♪

料金

送料

内容料

3,500円(税抜き)

無料

80g

 

肌潤石鹸お申込み公式ページ


正しい洗顔のまとめ

たまご肌,つるつる,30代

正しい洗顔で清潔さが増します。

  • 朝も夜も洗顔料を使って洗顔
  • 肌質と季節で洗顔料を替える
  • 泡で洗い、すすぎも拭き取りも優しく

洗顔は、メイクとスキンケアの基礎作りです。不衛生のままメイクをしたり、スキンケアをしても良い事はありません。正しく洗顔をするだけで、健康な肌のキープに繋がりますよ♪