30代たまご肌のシミ対策。

 

たまご肌,30代,シミ

『できてから』ではなく、『できる前に』がシミ対策の基本です。

 

あなたのそのシミは、何が原因で、どのようにシミになってしまったのか、知っていますか?

 

シミの中にも種類があり、それぞれスキンケア方法が違います。

 

間違ったスキンケアで悪化させてしまう事もありますので、正しいスキンケアを知る事が重要です。

 

シミ肌を綺麗なたまご肌にするためには先ず、シミの種類の見極めから始めましょう!

 

見極めたらすぐにシミ対策を実行するのが、シミに対しての最善のスキンケアです。

 

シミの種類を見極める

自分のシミに一番近いシミの種類から、それぞれの特徴や予防法などを確認しましょう。

 

たまご肌になる大切な一歩です。

 

■20歳以降かなり日焼けをした。
■かすかに盛り上がったシミがある。
■1cmほどのシミが急に増えた。
老人性色素斑へ

 

■頬骨の高い部分に左右対称にある。
■太くベタっとした広いシミ。
■ストレスを感じる事が多い。
■30代に入ってから突然出た。
肝斑へ

 

■虫刺されの跡、ニキビが消えにくい。
■顔のマッサージをよくしている。
■コットンなどで拭き取る習慣がある。
炎症性色素沈着へ

 

■シミがイボの様になっている。
■黒か茶色で2cmほどの大きさ。
■白いものも混ざっている。
■表面がボコボコしている。
脂漏性角化症へ

 

■鼻周辺にシミがたくさんある。
■三角形や四角形をしている。
■肌が色白。
雀卵斑へ


 

老人性色素斑

たまご肌,30代,シミ


老人性色素斑
(ろうじんせいしきそはん)

 

突然シミができたと感じませんでしたか?

 

この老人性色素斑は、日光性黒子という別名があり、日焼けの積み重ねによってできたシミなんです。

 

シミと言われるものの中で多いのはこのタイプです。

 

紫外線のダメージを、日々少しずつ肌の奥に蓄積し、許容量を越え、シミとして現れてきます。

 

言い方を変えれば、シミになる為に力を貯えていたようなもの。

 

ですので、突然シミが現れてきたと感じてしまうのです。

 

頬骨の上の方からでき始める事が多く、薄い茶色から、ダメージを受け続けると濃くなっていきます。

 

年々高く盛り上がってくることもあり、脂漏性角化症になってしまう事もあります。

予防方法

毎日の紫外線ケアをしっかり行う事です。

 

とにかく紫外線のダメージを最小限に抑える事で、改善や悪化防止に繋げる事ができます。

 

買い物や、ウォーキングなどチョットの外出時にも、必ず!日焼け止め化粧品とファンデーションを塗るようにしましょう。

スキンケア方法

初期段階の薄いものは、美白化粧品で効果を発揮してくれます。

 

ただ、現れてから期間が経っているものは、美白化粧品ではかなり難しいと言えます。

 

輪郭がハッキリしているものは、クリニックでレーザー治療が適しています。

口コミで人気のアイテム

シワ、シミ、くすみ、たるみ、ニキビにバイオ基礎化粧品b.glen
エイジングケアセット

早くシミをどうにかしたい!そんな方専用アイテムです。

 

透明感ある明るい肌だけではなく、紫外線ダメージにも負けない肌に!

 

色素沈着などのシミにバツグンの力を発揮してくれます。

 

初めての方にはトライアルセットがあるので、浸透力を実感してください。

 

トライアルキャンペーン

価格 トライアルセット 評価
3,800円(税抜)〜 1,800円(税抜) たまご肌,30代,シミ

 

その他のスキンケアアイテムをみる。


肝斑

たまご肌,30代,シミ


肝斑(かんぱん)

 

肝斑は紫外線よりも、『女性ホルモン』の乱れの方が影響として大きい為、30代と40代の女性に多く見られます。

 

頬骨を中心に左右対称に写真の様に広くベタっと現れ、薄い茶色か灰色をしています。

 

鼻の下や、額に稀ですが出る事もあります。

 

妊娠中・ピルを服用している方・更年期の方は、ホルモンバランスが乱れやすいため、肝斑ができやすいと言えます。

予防方法

規則正しい生活習慣が改善のカギです!

 

生活習慣が崩れると、ストレスにもつながり、このストレスからも大きな影響を受けます。

 

女性ホルモンのバランスに気を配る為には、規則正しい睡眠、バランスのとれた食事、ストレス発散を心がけましょう。

 

睡眠不足は気付かないストレスになりますし、バランスの悪い食事は体そのものを悪化させます。

 

毎日の睡眠をしっかりとり、なるべく自炊をし、うまくストレス発散をすることが、肝斑の予防方法です。

 

紫外線により悪化することもありますので、外出時には日焼け止め化粧品と、日傘や帽子で紫外線カットをしましょう。

スキンケア方法

美白化粧品のスキンケアは有効です。

 

さらにピーリングと併用すると効果が上がります!

 

レーザー治療は向きません。

 

トラネキサム酸という内服薬が有効とも言われていますが、1、2ヶ月飲んでも効果が無ければ中止して、美白化粧品でケアしていきましょう。

口コミで人気のアイテム

肝斑・シミを狙い撃ち!【プレミアム ベルエタンセル】
ベルエタンセル

「毎朝鏡を見るのが、とても楽しくなりました。」
「この成分で、この価格。まさにお値段以上!」

 

医薬部外品ホワイトニングの違いを、多くの方が実感しています。

 

シミの元を抑え、奥まで届ける優れもの!敏感肌の方にも安心の内容。

 

シミは時間がかかるお手入れです。

 

「とりあえずもの」ではなく、「優れもの」をつかいましょう!

 

購入・詳細はこちらから

通常価格(1回のみ) 定期価格 評価

12,000円(税別)
送料:650円

 

初回980円(税別)
7,980円(税別)
5回目から休止・解約可

たまご肌,30代,シミ

 

 

その他のスキンケアアイテムをみる。


炎症性色素沈着

たまご肌,30代,シミ


炎症性色素沈着
(えんしょうせいしきそちんちゃく)

 

肌に炎症を起こす、ニキビや虫刺されなどができ、その跡がシミになったものです。

 

頬から顎にかけてニキビができやすい方は、炎症性色素沈着になりやすく、日焼けをしてしまうとさらに沈着します。

 

顔をゴシゴシを擦る
コットンでメイクを拭き取る
強めのマッサージをする

 

以上のようなことは慢性的な炎症を起こしているのでメラニンの生成を増やしてしまいます。

 

すると、顔が全体的にくすんだり、地黒の様に見えてしまいます。

 

日焼を極力避けていけば、数年かけて消えていくものが多いです。

予防方法

「擦る」ことから卒業しましょう。

 

顔をゴシゴシ拭くのは確かに気持ちが良いですが、お肌にとっては敵です。

 

擦る事で炎症が起こりますので、洗顔後の拭き取りや、コットンを使って拭き取るケア、擦ってしまうマッサージなどから先ずは止めてみましょう!

 

これだけでも大きく変化がある事もあります。

 

ニキビができた時は、必ず日が当たらないようにファンデーションを塗るようにしてください。

スキンケア方法

美白化粧品で先ずはスキンケアします。

 

ピーリングが即効性がありますが、お肌の弱い方はビタミンCイオン導入がおすすめ!

 

3ヶ月ほど続けてみてください。

 

レーザー治療は不向きです。

 

ゆっくり優しくケアをして、たまご肌を目指しましょう。

口コミで人気のアイテム

イオン導入には【ブロードイオン】
ブロードイオン

ビタミンCを肌の深部まで届ける事で、より効果的にシミ対策ができるアイテム!

 

肌の弱い方にはもちろん、そうでない方でもイオン導入器を取り入れる事で変化を早く感じる事ができるでしょう!

 

ブロードイオンは、顔全体をフェイスパッドでケアできるので、時間短縮もできますし、部分的なケアもしっかりできます。

 

詳細・購入はこちらから

価格 送料 評価
29,800円(税込) 無料 たまご肌,30代,シミ

 

その他のスキンケアアイテムをみる。


脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)

たまご肌,30代,シミ


脂漏性角化症
(しろうせいかくかしょう)

 

シミになっていたものが、さらにイボのように盛り上がってきたもの。

 

イボの表面はボコボコしていて、加齢や紫外線の影響でできてしまいます。

 

皮膚が厚くなるなど、皮膚自体の構造に変化が起こっている状態です。

 

黒みがかかった茶色、もしくは黒色をしていて、大きいと3センチ程になります。

予防方法

しっかりと紫外線対策をすることが肝心です。

 

年齢を止めることはできませんが、紫外線を極力避ける事はできます。

 

これが最大の予防法です。

 

長時間外にいる外出はもちろん、ちょっとした外出もファンデーションや、日焼け止めを必ず塗って出ていく事を忘れないでください。

スキンケア方法

脂漏性角化症は、皮膚そのものの構造が変わってしまっているので、美白化粧品で改善は難しいです。

 

レーザー治療や、凍結療法が有効。

口コミで人気のアイテム

本気で綺麗にしたいのであれば、スキンケアアイテムではなく、一度クリニックで相談してみてください。


雀卵斑

たまご肌,30代,シミ


雀卵斑(じゃくらんはん)

 

小さなシミの事を『そばかす』と言いますが、正確には遺伝的な物だけを指します。

 

遺伝的そばかすは、10代ごろからでき始め、鼻を中心に小さくて茶色いシミが、散らばる様にできます。

 

点というより、三角形や四角形をしていて、肌が白い人に多く見受けられます。

予防方法

日に当てると濃くなることがあるので、紫外線対策をしましょう。

 

ただし、遺伝的な物なので防ぐことはできません。

スキンケア方法

美白化粧品の効果を期待できますが、遺伝的なものなので効果は人それぞれ。

 

綺麗になる方もいれば、効果が薄い方もいらっしゃいます。

 

レーザー治療で消すことは出来ますが、再発することもありますので、治療後のケアも油断できません。

口コミで人気のアイテム

「そばかす」専用クリーム【フレキュレル
フレキュレル

寝ている間の集中そばかすケア!
薬用クリームFrequrell(フレキュレル)

 

たくさんの雑誌で紹介されて、人気急上昇!

 

雀卵斑、そばかすケア化粧品としておすすめです。

 

そばかすのケアはすぐに解消できる問題ではないので、3ヶ月くらい余裕をもって、フレキュレルを使ってみてください。

 

寝ている間にたまご肌を手に入れましょう!

 

購入・詳細はこちらから

通常価格 定期価格 評価

7,000円(税別)

 

4,470円(税別)
3回目から休止・解約可

たまご肌,30代,シミ

 


30代たまご肌のシミ対策 まとめ

 
  • シミは「できてから」ではなく、「できるまえに」が基本。
  • シミの種類を知る事から始める。
  • 種類によって改善方法が異なる。
  • 改善方法を確認したら、すぐに取り掛かる。
  • 直接日光を浴びる事を避けるようにする。