30代たまご肌のシワ対策

たまご肌,30代,シワ

『あれ?このシワが戻らない。』

 

20代の時になかった「シワ」が、30代になって一気に増え目立つようになってきます。

 

20代の時のスキンケアの甘さから、30代に入る前に目立ってくる方も!

 

そんなシワが一本増えただけでも女性の顔を老け顔に見せてしまい折角のたまご肌も台無しです。

 

さらに小ジワがどんどん深くなってしまうと、改善することがかなり困難になってしまいます!

 

既にシワが気になるなら、今すぐ増やさないケア、深くさせないケアをしましょう!

シワのタイプは3つ!

シワにもタイプが3つあり、そのタイプによってそれぞれの最適なケアがあります。先ずはシワのタイプについて知りましょう。

〈小ジワ〉

たまご肌,30代,シワ

乾燥が原因の軽度の浅くて細かいシワです。

 

潤いが不足した角層は容積がしぼんでしまい、余った部分がシワになります。

 

乾燥肌の人は若い時から悩まされることもありますが、水分補給で目立たなくさせられる軽度のシワです。

〈表情ジワ〉

たまご肌,30代,シワ

30代に多いタイプのシワ。

 

日常で色々な表情をする事で、顔の筋肉が過剰に収縮し、皮膚に折り目がついてしまうシワを、表情ジワと言います。

 

表情のクセがそのままシワになってしまうのです。

〈加齢ジワ〉

たまご肌,30代,シワ

目元、頬の皮膚を支えきれずに目の下のシワや、ほうれい線が深くなってしまう加齢ジワ。

 

年齢を重ねるごとに、真皮のコラーゲンなどがもろくなってできる深いシワ。

 

主な原因は、コラーゲンやエラスチン、線維芽細胞の変性と減少によるもの。

シワの原因を知ろう!

シワの主な原因は乾燥です。

 

乾燥が肌表面の角層に小ジワを作ります。

 

20代でシワをあまり気にならないのは、シワが浅く、肌の水分補給で目立たなくなるからです。

 

30代になってハリや弾力も失われてくると、表情のクセが定着する表情ジワが目立ってきます。

 

さらに加齢の影響で、真皮のコラーゲンなどが壊れやすくなり、深い加齢ジワになります。

 

シワの主な原因は乾燥ですが、色々なものが原因となりシワを作ってしまいます。

 

もし、真皮までシワが深くなってしまうと、どんなにスキンケアを頑張っても改善するのは困難です。

 

ですから、《シワ》はできてしまってからでは遅い事もあるので、予防を徹底的に行いましょう。

30代たまご肌のためのシワ対策

正しい小ジワのケア

保湿ケアで改善可能!小じわ対策をしっかり行いましょう。

 

小ジワなどの浅く細かいシワは、乾燥が原因なんです。

 

何にでも言えることですが、イメージしやすいのが《干し柿》です。

 

中の水分が少なくなってくれば、中がしぼんで外側にシワができてきます。

 

干し柿でみずみずしいと感じる人はいないはず!

 

人間の肌も全く同じなんです。

 

最初に目立ち始めるこの小ジワは、表皮の浅い目尻に出来やすく、乾燥やスキンケア不足から、早いと20代後半で出てしまいます。

 

ただ、浅く細かい小ジワは保湿ケアをする事で、少しずつではありますが改善していきます。

 

大切なのは、小ジワが見つかったらすぐに乾燥対策する事をお奨めます。

 

お手入れのポイント!
目元の小ジワには、保湿成分と油分が入ったアイクリームで徹底的に保湿をしましょう。

 

潤いを与えたら、水分の流出を防ぎます!

 

口元には乳液やクリームの重ねづけが効果的で良いでしょう。

 

もし保湿ケアをしても改善されないようなら、加齢ジワになってしまっている可能性が高いので、下記の《正しい加齢ジワのケア》を参考にし、加齢ジワケアにシフトしましょう。

 

水分補給の浸透力は断然!【ビーグレン】浸透保湿ケア!使って損はありません。

正しい表情ジワのケア

表情ジワは長年の積み重ね!美容医療が効果的。

 

日常でいろいろな表情をする事で、動きに合わせてできる表情ジワ。

 

長年続けてきた表情の癖でできます。

 

真皮のハリや弾力がなくなり、若い頃に戻っていたシワが、戻らなく定着してしまうんです。

 

真皮まで到達してしまうと普通のスキンケアでは少し難しくなります。

 

シワ対策に取り入れるなら、『ヒアルロン酸注入』、『ボトックス』などの、美容医療の力に頼るのも一つの手段です。

 

〈ヒアルロン酸注入〉
口元や、目元のシワに直接ヒアルロン酸を注入します。

 

皮膚を中から押し上げるので、シワがないすっきりとした見た目になれます。

 

もともと人間がもっている天然保湿因子なので少しずつ代謝されていき、半年ほどで元に戻ります。

 

〈ボトックス〉
シワを伸ばす効果です。

 

表情ジワに向いた美容医療で、永久的に持続するものではありません。

 

シワなく維持するためには定期的に行う事が大切です。

正しい加齢ジワのケア

ビタミンC・レチノール入り化粧品を選ぼう!

年齢とともにもろく、壊れやすいコラーゲン組織。

 

その量が減少する事でハリや、弾力がなくなり加齢ジワにつながっていきます。

 

紫外線が天敵!紫外線を多く浴びてきてしまった人は、シワができやすい肌質と言えます。

 

お手入れのポイント!コラーゲン量を増やすことが重要になります。

 

コラーゲン生成を促してくれる、ビタミンCやレチノールなどの抗酸化成分配合の化粧品を使用したり、ピーリングを行うことで加齢ジワ軽減につながったりもします。

 

たるみや、老化防止にも効果的です。

〈アンチエイジング効果を!〉
ビタミンCやレチノール入りの化粧品を使い、アンチエイジング効果を促して加齢ジワ対策をしましょう!

 

抗酸化成分配合の化粧品は必須です。

 

ビタミンCはコラーゲンの生成を促し、毛穴を引き締め、保湿力をアップしてハリと弾力を与えてくれます。

 

レチノールは、肌のターンオーバーを整えてくれます。

 

線維芽細胞に働きかけて、コラーゲンを増やす作用があります。

 

刺激があるかもしれませんので、使用始めは少量ずつにしましょう。

 

アンチエイジングに必須のビーグレン!しっかりとケアしてくれます。

エイジングケア(本製品2)

 

〈ピーリングでターンオーバー!〉
加齢とともに肌の生まれ変わるタイミングは遅くなり、代謝にも悪影響を及ぼします。

 

酸や酵素で不要な角質を除去することにより、ターンオーバーを促します。

 

すると、真皮の線維芽細胞を活発化しコラーゲンを増やす働きがあります。

 

小ジワが気になり始めた時点で、ピーリングで予防していきましょう。

 

擦らない!削らない!入浴中でもできる、角質ポロポロケアはRemei InBathPeelingGel(リメイ インバスピーリングジェル)がインスタグラムでも使いやすいと人気です。

インバスピーリングジェル

 

【豆知識1】
顔のタイプによってシワのできやすい部分が違う!

  • ほうれい線・・頬の面積が大きく縦長の人にできやすい。
  • 目の下・・目が大きくて丸い方に現れやすい。
  • 口が奥まっている・・口角から下に向かったシワが出やすい。

 

【豆知識2】
ダイエットの落とし穴!
急激なダイエットをすると、顔の脂肪や筋肉も落ちてしまい、ボリュームがなくなった皮下組織にたいして皮膚が余ることでシワの原因となってしまいます。

 

健康的なダイエットを心がけましょう。痩せてもシワシワでは勿体ないですから。

 

30代たまご肌のシワ対策まとめ